原因を知る

脂質異常症の原因は不適切な食生活がほとんどです。その食生活によって引き起こされたコレステロールや脂肪を放置しておくことによって脂質異常症となります。
まず食生活が原因となって発生するものに高LDLコレステロール血症というものがあります。
これは、肉や乳製品を過剰に摂取する人に多くみられる血症で、その他鶏の卵やレバーなどのコレステロールの量が多い食品を過剰摂取した場合にも発生する血症です。
次に挙げられるのが高中性脂肪血症です。これは、甘いものやアルコールの摂り過ぎによって発生する血症です。
カロリーの高いものを頻繁に摂取する人は注意が必要です。
低HDLコレステロール血症も不適切な食生活によって発生してしまいます。この血症は、運動不足や喫煙などが原因により善玉コレステロールが減ってしまうことで発生します。
バランスが良い食生活だけではなく、タバコを控えたり、適度な運動を心がけたりすることも脂質異常症予防としては非常に大切です。

脂質異常症の原因は食生活がほとんどですが、遺伝的なものが要因で引き起こす場合もあります。
この遺伝性の場合は、家族性高コレステロール血症というものが原因で、食事だけではなく医師の診断に基づいた治療が大切です。
遺伝的なものが原因の人はかなり少数ではありますが、近親者に脂質異常症が多い場合は一度検査を受けると良いです。
また、家族性高コレステロール血症によるものは、非常に早いペースで動脈硬化になるので注意が必要です。