超悪玉に要注意

コレステロールは悪者というイメージが強いですが、体内では重要なものとなっています。
中でもLDLコレステロールには様々なものがあり、脂質異常症の原因となる悪玉コレステロールにも、超悪玉コレステロールと呼ばれるものがあります。
LDLコレステロールにはさまざまな大きさがあり、特に小型のLDLコレステロールは超悪玉といわれています。
超悪玉コレステロールは脂質異常症だけではなく、動脈硬化の大きな要因となります。
また悪玉コレステロールの中でも超悪玉が多い人ほど心筋梗塞を起こしやすいといわれているので合併症にも注意が必要です。

超悪玉コレステロールは小型とされていますが、なぜ小型化するかは今でもまだよくわかってはいません。
基本的に中性脂肪が多い人や、血圧や血糖値が高いと言われる人が超悪玉コレステロールを多く持っているといわれています。
超悪玉コレステロールの量は血液検査によって調べることが可能で、健康診断などで脂質異常症の可能性があると診断された場合には病院で検査すると良いです。
この小型の超悪玉が増える原因としては、過剰な飲酒や脂っこいものの摂取、運動不足や喫煙があげられます。
糖分の摂り過ぎもコレステロール等に影響を及ぼしますが、果物も糖質は多く含まれていますので注意が必要です。
食生活や運動だけがコレステロール増加の原因ではなく、普段の生活で蓄積されるストレスも大きな原因となります。
ストレスを感じたときに分泌されるストレスホルモンにコレステロール増加の作用があるとされています。
脂質異常症の患者もストレスを抱えやすいといわれているサラリーマンの男性が多くみられます。
積極的に気分転換をはかり、睡眠をしっかりとって脂質異常症予防にはげむことが悪玉コレステロールを減らすポイントともいえます。