診断を受けている患者

しっかりと予防する

近年ファストフード店の増加や、洋食文化が多く日本にはいってきたことから、脂肪の多い食事をとる機会が増えてきています。
その環境に慣れてしまっているため、気づかないうちにカロリーを多く摂取している場合も少なくありません。
高カロリーの揚げ物や肉類、麺類に加えて、高カロリーのデザートを食べることが当たり前になりつつある現代では自分自身で食事の管理を意識する必要があります。
まずは主食であるご飯やパンをしっかり摂ることが大切です。これらの穀物類には基本的に脂質が少ないのでしっかり食べて、動物性の脂肪類が多い肉類の摂取を減らすことを意識するのも重要です。
主食をしっかりとり、肉類も種類をしっかり選ぶことで無理なく脂質異常症を事前に防ぐ事が可能になります。
基本的に牛肉や豚肉を食べたい時は、脂肪分が比較的少ないヒレを選ぶことや、鶏肉を摂取する際はササミなどの脂肪の少ない部位や、皮の部分をなるべく控えると良いと言われています。

動物性脂肪を摂取する場合でも、肉を摂るよりも魚の摂取を多くするとなお良いとされています。
魚の中でも、特にサバやサンマなどの青魚には悪玉コレステロールを減らす不飽和脂肪酸が多く含まれています。
不飽和脂肪酸にはイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸という代表的な成分が含まれており、それらによって悪玉コレステロールを減らすことが可能といわれています。
悪玉コレステロールは脂質異常症の患者に多くみられるコレステロールなので、おかずに魚を多く取り入れることで予防につながります。
またこの不飽和脂肪酸は、日本人に馴染み深い魚であるマグロやタイにも多く含まれているので比較的摂取しやすいといえます。
焼き魚を食べるよりも熱を通していない刺し身や、煮魚の方がイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸をうまく身体に取り入れることができます。
日本人が元々多く摂取していた魚を食べることを意識するだけでも、脂質異常症予防に非常に効果的だといえます。

脂質異常症の原因である血液のコレステロールを減らす働きをもつものに植物性タンパク質があり、これは納豆や豆腐など、大豆でできたものに多く含まれています。
基本的に大豆食品は豆乳や豆腐などあらゆる形で摂取しやすい食品といえます。
それらのタンパク質に加えて忘れてはいけないのが食物繊維です。
食物繊維は基本的にコレステロール類が腸で吸収されるのを防ぐので、脂質異常症に非常に効果的です。
今の日本人は1日で必要とされる食物繊維の半分しか摂取していないといわれているので積極的に食物繊維を意識して摂ることが重要です。
食物繊維が多いとされる根菜類やきのこ類、イモ類をなるべく摂取するよう心がけて、脂質異常症を予防することが大切です。
また、食物繊維の中でも水溶性である海藻類や野菜類は特にコレステロールを減らす効果があるとされています。

オススメリンク

  • 男性の生殖器にできるガンです。前立線がんが転移をすると取り返しの付かない事になります。早期治療をすれば転移は防げます。

原因を知る

脂質異常症の原因は食生活が最も大きい原因ですが、それだけではなく、あらゆる要因が重なって起こる生活習慣病です。中には遺伝的なもので脂質異常症にかかりやすい人もいます。

Read More

診断基準

最近では、様々な悪玉コレステロールが発見されてきているのもあり、多くの診断基準があります。特に禁煙や飲酒が多い人も、食生活は良くても脂質異常症になりやすい場合もあるので、要注意とされています。

Read More

超悪玉に要注意

脂質異常症で原因とされている悪玉コレステロールの中でも近年超悪玉コレステロールと呼ばれるものがあります。この超悪玉コレステロールが多いと心筋梗塞を引き起こす可能性もあります。

Read More